2018年01月01日

■目次■

■アウトドア入門■
・キャンプを始める
・キャンプ場選び
・マナー
・キャンプサイトの設営
・楽しみ方
・テントの設営
・撤収

■アウトドアグッズ(必要なもの)■
・ランタン その1
・ランタン その2
・ツーバーナー
・テーブル
・クーラーボックス

・100均 その1
・100均 その2
・蚊取り線香
・蚊取り線香ホルダー
・食器洗い洗剤
・ホワイトガソリン

■アウトドアグッズ(あると便利)■
・BBQコンロ
・チャコスタ&火消し壺
・焚き火台
・炭バケツ
・クッカー2

・マルチツール
・シェラカップ
・燃料タンク
・ランタンスタンド
・ランタンフック

・保冷剤
・クッキングツールボックス
・ターボライター
・スティックライト
・キャンプ用一酸化炭素チェッカー

・保存食
・車載スマホホルダー
・殺虫灯付きランタン2
・モバイルバッテリー

■アウトドアグッズ(より楽しむために)■
・ホットサンドメーカー2
・ハンモック
・オイスターナイフ
・コーヒーミル
・パーコレーター

・薪ストーブ2
・300均
・ファイヤースターター
・モバイルスピーカー

■アウトドア日記■
image1.JPG・赤城山オートキャンプ場(1日目)
・赤城山オートキャンプ場(2日目)
・赤城山オートキャンプ場(3日目)

image1.JPG・キャンプアンドキャビンズ(1日目)
・キャンプアンドキャビンズ(2日目)

image1.JPG・ケニーズファミリーヴィレッジ(1日目)
・ケニーズファミリーヴィレッジ(2日目)

image1.JPG・大洗サンビーチキャンプ場(1日目)
・大洗サンビーチキャンプ場(2日目)

image1.JPG・白浜フラワーパーク(1日目)
・白浜フラワーパーク(2日目)
・白浜フラワーパーク(3日目)

image1.JPG・イレブンオートパーク(1日目)
・イレブンオートパーク(2日目)

image4.JPG・森のまきばオートキャンプ場(1日目)
・森のまきばオートキャンプ場(2日目)

image1.JPG・ACN富士すそ野ファミリーキャンプ場(1日目)
・ACN富士すそ野ファミリーキャンプ場(2日目)

image4.JPG・赤城山オートキャンプ場(1日目)
・赤城山オートキャンプ場(2日目)

image1.JPG・軽井沢キャンプクレスト(1日目)
・軽井沢キャンプクレスト(2日目)
・軽井沢キャンプクレスト(3日目)

image3.JPG・キャンプアンドキャビンズ(1日目)
・キャンプアンドキャビンズ(2日目)
・キャンプアンドキャビンズ(3日目)

image9.JPG・BOSCOオートキャンプベース(1日目)
・BOSCOオートキャンプベース(2日目)

image3.JPG・大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ(1日目)
・大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ(2日目)

image2.JPG・キャンピカ富士ぐりんぱ(1日目)
・キャンピカ富士ぐりんぱ(2日目)

image1.JPG・大房岬キャンプ場(1日目)
・大房岬キャンプ場(2日目)

image3.JPG・赤木山オートキャンプ場(1日目)
・赤木山オートキャンプ場(2日目)


■アウトドアアイディア・DIY■
・デリカ車中泊プロジェクト始動(その1)
・デリカ車中泊プロジェクト(その2)
・デリカ車中泊プロジェクト(その3)
・デリカ車中泊プロジェクト(その4)
・デリカ車中泊プロジェクト(その5)
・デリカ車中泊プロジェクト(その6)
・デリカ車中泊プロジェクト(その7)
・デリカ車中泊プロジェクト(その8)

・電動シャワーの自作
・ハンギングチェーンを自作

・スノコ
・焼肉のタレ
・レモン汁
・ビールサーバ
・炭酸サーバ
・ウエットティッシュ
・キャンプ場トイレ専用ランタン
・シーリングテープの復活
・調味料2
・クレージーソルトの容器

・スパイスミル
・乾電池

■アウトドア料理■
もっとまともなレシピを紹介したサイトはたくさんありますが、アウトドア料理はこのくらいアバウトでも
大丈夫です。というのを紹介しています。ここでなれたら、本格的な料理にチャレンジしてみるのもよいかと思います。
・簡単スイートコーン
・ピーマンの丸焼き
・ハンバーガー
・ワイルド温野菜
・アイス作り
・スタッフドチキン
・簡単アヒージョ
・焼きマシュマロ
・フランスパンのフレンチトースト
・アサリの酒蒸しイタリア風

・ハムエッグ in トースト
・生ハムチーズ春巻き
・カボチャまるごとグラタン
・カマンベールのベーコン巻き
タグ:アウトドア
posted by molamola at 00:00| Comment(0) | アウトドア

2017年11月24日

ユニクロ誕生感謝祭

今回はあまりアウトドアとは関係ありませんが、ユニクロの誕生感謝祭に行ってきました。
バーゲンの話しではなく今回はおまけのプレゼントの話です。

期間中1万円以上買うと各店舗先着で貰えるものがあります。
それはマグカップです。しかも2色展開。
image1.jpeg

前日にある店舗に行ったのですが、時間が遅かったと言うのもあって、本日分終了の張り紙が!
仕方がないので、品定めだけしておいて、翌日別店舗へ。
おまけなのでどうせたいしたことないだろうと、思っていましたが、よく見てみると中空になっていてある程度保温性も確保していて、蓋付きでこぼれにくくなっています。
結局2色ともゲットしました。

とりあえず子供達のマグカップとして使ってみたいと思います。
アウトドアに使う場合はスタッキング出来ないので、かさばりますが・・・。
posted by molamola at 23:51| Comment(0) | アウトドアニュース

2017年11月23日

白浜フラワーパーク(復旧編)

今回はキャンプの記録ではありません。

今年の夏にお世話になったキャンプ場の一つに、白浜フラワーパークというキャンプ場があります。

そのキャンプ場は海沿いにあるキャンプ場なんですが、10月22日の台風21号に壊滅的な被害にあいました。

これから、来年の夏に向けて復旧作業をしていくようです。
復旧支援としてボランティアも募集していますが、
クラウドファンディングも行っているということで、支援してみることにしました。

クラウドファンディングの仕組みは知っていましたが、実際支援するのは初チャレンジです。
image1.png

image2.png

簡単に始められて、簡単に支援できる時代になりました。

我が家も来年お世話になりたいと思っています。

壊滅的被害
posted by molamola at 23:01| Comment(0) | アウトドアニュース

2017年10月13日

アウトドアグッズ(タンブラー)

キャンプ時の飲み物の容器のお話です。
皆さん飲み物を飲む際どんな容器を使ってますか?
冷たいものと温かいもので違う場合もあると思います。
我が家は今まで、冷たいものの場合はアクリル製のコップを利用しています。
子供はイ○アのプラスチックコップ
温かい物は昔何かのセットで買ったプラスチックのカップを使っていました。
そのため前からいいものはないかと思ってます模索していました。

ちょっと失効するポイントがあって慌てて注文したのが
スタンレーのスタッキングタンブラーです。
image8.jpeg

今まで各社から出ている真空タンブラーの存在は知っていましたが、実際に使ったことはありませんでした。
実際使ってみるといくつもの驚きがありました。

まずはわかりやすく熱いものが冷めません。逆に氷が溶けにくくなりました。
冷たいものを入れても、結露しません
熱い物を入れてもカップが熱くなりません。手で普通に持つことができます。
逆に手に持った感覚で熱くないだろうと思って口に運ぶとめっちゃ熱くて慌てることがあります。

皆さん飲み物を飲む際どんな容器を使ってますか?































posted by molamola at 23:41| Comment(0) | アウトドアグッズ

2017年10月11日

赤城山オートキャンプ場(番外編)

番外編として、ハロウィンキャンプの後日談があります。

一つは結局キャンプ場前日までに届かなかったアイテムがあります。
それは蜘蛛の巣のテーブルクロスです。

これは来年活躍してもらおうと思うます。

二つ目は今回パレード中に、かぼちゃバケツの取っ手が切れてしまったため、修理を考えます。
ついでに顔の部分にライトを埋めている関係でバケツの容量が少なくなってしまっているので、容量アップを兼ねて、本格的なLEDの埋込を考えます。

最初に作った時に悩んだことを再考する必要があるのですが、少しだけアイディアがあります。乾くと軽くなり固まるネンドを100均で見つけました。
それを始め目、鼻、口別々に内側からカバーを作ってそこにLEDを埋めることを考えましたが、各パーツを別々に作るのが意外と大変なのと、各パーツ間を電線で結ぶ必要があり、線がむき出しになってしまうこと、それらをお菓子の出し入れの際に引っ掛けそうで強度的に不安があることを考慮して、四つの穴を覆い尽くす大きなカバーを作ることにしました。
その分ネンドの量は使いますが、懸念事項は減りました。

試しに一つ作ってみようと、裏側からバケツの顔の部分に合わせてネンドを詰めて、ネンドが固まるまで数日放置していたのですが、気がつくとネンドは割れて、小さな指を突っ込んだ後が!!
その辺に置いておいたのも悪いですが、まさか子供にイタズラされるとは。
気を取り直して、再度トライです。
固まったネンドを目、鼻、口に合わせてくり抜きます。そこにアルミホイルを貼り反射板とします。
LEDは今まで使っていた100均のLEDが4個付いているライトがあるのでそれを目、鼻、口れぞれに埋め込んで行きます。

ただ、LEDは一枚の基盤についているのでバラして結線してあげる必要があります。
また電池ボックスは別で用意して底に貼り付けることにしました。
本来の目的のベルトの修理は同じものを100均で買ってきて、型取りに使ったのとベルト部分はパーツとして、付け替えさせてもらいました。修理はかんたーん。

これで来年のハロウィンキャンプの準備はばっちり(?)です。来年から仮装衣装は市販の物にしようかな〜、手作りはオリジナリティは出ますが骨が折れます。
posted by molamola at 23:26| Comment(0) | アウトドア日記