2016年06月21日

アウトドア入門(マナー)

今回はマナーの話です。
といってもキャンプだからこういったことに気をつけようとか、あまりないように思います。

基本的には回りに迷惑をかけない。
これが大前提なので後は、ならどうすればいいかということだけだと思います。

あまり書きすぎると、批判みたいになりかねないで気が引けますが、一応つらつら書くとすると・・・。

人のサイトに入らない。
特に子供ですが、人のサイトを平気で横切っていく子がいます。
サイトの区切りがわかりにくい場合もあり、わかってるけどうっかりというのもあると思います。
ただ、子供への教育という意味でもちゃんと公共の通路を使う等教えてあげてほしいです。

公共の施設はきれいに使う。
炊事場やトイレなど公共のものはきれいに使うのは当たり前のことだと思います。
次の人が気持ちよく使うため、逆に前の人が汚して行ったら自分はどう思うかです。

夜遅くまで騒がない。
車の移動やラジオや音楽もそうだと思います。
逆に夜鳴きなどを気にしてキャンプしないとかは無しです。
確かに気になる場合もありますが、こればかりは仕方がないことです。
夜中中鳥や獣が鳴いているのと同じです。自然のことです。

サイトは来た時よりもキレイにして帰る。

人間は自然に大して謙虚である必要があります。
そのため、周りの人の意見も聞き入れるようにしましょう。
周りの人の意見を聞かずに死亡事故になったニュースとかを時々見ますが、
自然に大して人間は無力ですので、場合によっては撤収することも楽しい思い出
を残すためには大切だと思います。

後はキャンプ場ごとにルールを決めているところがあるので、必ず確認しておきましょう。
おそらく過去にそういったトラブルがあって設けられていると思うので、守るのは大事なことです。
また、これ以上余計なルールを増やさないように、行動することが大事だと思います。
posted by molamola at 18:56| Comment(0) | アウトドア入門

アウトドア入門(楽しみ方)

キャンプ場で設営が完了しました。
さー何をしましょう。

まずはキャンプ場の施設の利用を考えてみましょう
ジャブジャブ池があれば、そこで遊ぶのもいいでしょう、子供遊具があればそれも楽しいと思います。
このあたりは基本的に子供の遊びですね。もちろん大人の安全監視が必要ですが。
キャンプ場内にホタルが見れるところもあります。それをテーマにしたキャンプもいいと思います。

近くにレジャー施設、観光施設がないか、調べておくのもいいでしょう。
設営が終わったら、近くの施設に移動するのもありです。施設で遊んで疲れても家まで帰らなくていいのです。すぐ近くに宿泊できるのですから。
我が家はちょっと遠めの施設(水族館とか動物園とか)に行く時に家から一気に行くと大変なので、途中のキャンプ場を予約しておいて、帰りはそこを経由していくことがあります。
キャンプ場でゆっくり休んで、翌日元気になって帰宅することができます。
キャンプ場内にあればいいですが、近くの釣堀に晩御飯を調達に行くのもいいと思います。
魚をさばいているところをぜひ子供に見せてあげてください。いい食育になります。

普段遊ばない道具を持っていくのはどうでしょう。
バトミントンやフリスビー、グローブなどです。
普段こういった遊びってなかなかしないと思いますが、こういった場だと自然にできるものです。
親子や夫婦、カップルのスキンシップにとてもいいと思います。
我が家もバトミントンとフリスビー(ウレタンのやわらかいやつ)は常に車に積んでいます。
キャンプ場でちょっとした時間に親子でバトミントンしたりしています。

普段やらない料理に挑戦してみるのもいいと思います。
燻製やアイス作り、我が家はジャーキーを作ったこともありました。
もちろん普通の料理でもいいのです。親子でカレーを作るとかは定番ですが子供の経験としてもとてもいいことだと思います。

特に夫婦のみカップルのみの場合、何もしないを楽しむと言うのもあります。
ソロやある程度子供が大きくなったファミリーも可能だと思います。
ハンモックを張って、木々の緑や空の青を見ながら、川の音を聞きながらボーとする時間をすごすというのもいいと思います。
個人的にはこれが一番したいのですが、子供がいるのでなかなかかなわず・・・。

それ以外だと
花火:最近花火禁止や場所が限られている場合があるので注意してください。また近所のサイトには十分注意してください。火花が飛んでテントに穴が開いてトラブルになったなんて良く聞く話です。
スイカ割り:夏は子供も大人も盛り上がります。目隠しの手ぬぐいと棒があればできるので、簡単に実施できていいと思います。
バームクーヘン作り:一時期はやりましたが、我が家でもいつかやってみたいイベントのひとつです。

いろいろ書きましたが、まだまだいろいろ楽しみはあると思います。このブログでもちょいちょい記事にして行きたいと思いますが、皆さんもいろいろ試してみてください。
posted by molamola at 18:33| Comment(0) | アウトドア入門

2016年06月05日

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ(2日目)

朝食はハンバーガーです。
子供たちにひき肉をこねさせて、
ゾウやらウサギやら作っていましたが、焼いたら案の定バラバラに、それをパンに挟んでチーズやトマトなどのトッピングをして食べました。

朝食を済ませて、ボチボチ撤収を始めます。テントの中のものを、椅子や車を使って干してしまいます。
昨晩雨が降りましたが影響なさそうです。

チェックアウトを済ませて、取り敢えず温泉に向かいます。
森林の温泉 もりのいでゆ
土日1000円はちょっとお高め、グリンヴィラの領収書を見せると割引きが受けられます。
内風呂と露天風呂、サウナがあり一般的な作り、あと打たせ湯とお茶湯がありました。お茶湯は時期によって変わるようです。

そのあと30分ほど下って
道の駅 常陸大宮「かわプラザ」
に寄ります。最近出来た道の駅で行きに横を通り過ぎて気になっていたところです。

ここで昼食を済ませます。
手打ちの常陸秋そばが有名らしいので、蕎麦をいただきました。

ホームページでは全然押してませんが、建物の裏に川が流れていて、川遊びをすることができます。我が家はタオルぐらいしか持っていきませんでしたが、バケツと小さな網を持って行くと少し遊べると思います。
オタマジャクシ、カエル、ドジョウ、ヤゴ(トンボの幼虫)などが見られました。

image1.JPG

今回久慈川に来たのに鮎を食べていないことに気付き、鮎の塩焼きもいただきました
鮎の鯉のぼり?もありました。

image2.JPG

しばらく遊んでここで解散となりました。
我が家もお土産を少し見て帰路につきました。

キャンプ場のサイトは今回オートサイトに泊まりましたが、車の止めるポイントが決まっているので、レイアウトもかなり固定されそうです。また目の前に別のキャンパーがいるので景色としてはイマイチ。

フリーサイトは車が乗り入れできないので、場所によっては、設営に苦労しそうです。
また人が多いのは仕方ないところですが、テントが乱立していて窮屈そうでした。

レジャー施設としてはとてもいいと思いました。近くに公園があり、プールも併設されていて内風呂もあり、キャンプ場内にもお風呂があります。ここだけで、子供たちには1日遊べます。さらに場内に川が流れていると最高だったと思います。
posted by molamola at 23:00| Comment(0) | アウトドア日記

2016年06月04日

アウトドア料理(スタッフドチキン)

名前だけ聞くと、難しそうと思われがちですが、こだわらなければ、こんなに簡単にできるんだー。というのを感じてもらえればと思います。今回はスタッフドチキンの紹介です。

ネットを検索するともっとちゃんとしたレシピがたくさん出てくるので、このブログで自信がついたらそちらもチャレンジしてみるのもいいと思います。

まずチキンを用意します。それを綺麗に洗います。お腹の中も忘れずに。

その柔肌にクレージーソルト、塩胡椒を塗りたくりましょう。
そしてお腹に冷凍のピラフを詰め込みます。
今回はエビピラフをチョイス。

image1.JPG

ダッチオーブンの底に台を敷きその上にチキンを乗せます。後は周りにジャガイモや玉ねぎをならべて

ローズマリーをパラパラとかけて準備完了です。今回は貰い物のズッキーニを調理法に迷っていたので、厚めの輪切りにして入れてみました。

image2.JPG

後は4、50分、中火で火にかければ完成です。今回は焚き火台をBBQに使いたかったのでツーバーナーで加熱しました。その為上からの加熱がかなり後からになってしまいました。BBQの仕込みより前に仕込んだからです。

火の通りを確認するには、鉄串を肉の中心に向けて刺します。腹へ突き抜けないように注意です。
そして10秒ほど待って抜いた後、頬などに鉄串の先を当て熱かったらOKです。

こんないい加減なレシピですが、ダッチオーブンはその構造からか、ジューシーでとても美味しいくできました。

皆さんも、このぐらい軽い気持ちで作って見るといいと思います。

image3.JPG
posted by molamola at 23:40| Comment(0) | アウトドア料理

アウトドア料理(アイス作り)

今回はアウトドアでアイス作りに挑戦です。

ジップロックを2種類用意します。
大と小です。

小さい方に
牛乳:200ml
生クリーム:200ml
砂糖:適量
をいれます。

大きい方に氷と塩をいれます。比率は3:1ぐらい、結構な量の塩をいれます。
小さいジップロックをしっかり閉じて、大きいジップロックにいれしっかり閉じます。

後はひたすらシャカシャカ振ります。ひたすら振ります。

10分ほどシャカシャカすると完成です。

氷が溶けきってないので、もう一種類チャレンジしました。今度は
オレンジジュース:400ml
今回は砂糖無し
を小さいジップロックにいれ、先ほどの大きなジップロックに入れて、これもひたすらシャカシャカです。

手が冷たくなるので、Tシャツに包んだり、バスタオルに飴玉状に包んで振り回したり、子供と一緒に楽しくアイスができると思うます。

ぜひキャンプの1イベントとしてやってみてください。

image1.JPG
posted by molamola at 23:20| Comment(0) | アウトドア料理

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ(1日目)

今回は大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラに行ってきました。

近くの袋田の滝が有名ですが、相手の家族は前回行ったということで、我が家は早めに出て、袋田の滝に行ってみることにしました。

まず駐車場の勝手が分からず、道の一番奥まで行ってみると、道路にUターンできるように矢印があります。そこで家族を下ろし、僕は途中見つけた無料の町営駐車場に止めることにしました。
表示を見ると滝まで1.4kとあります。

ここで登場するのはキックボードです。
それで、家族と合流しました。

image2.JPG

image3.JPG

ここは有料の駐車場もありますが、お土産屋を利用すれば無料となる所もたくさんありました。
滝へは先ほどのUターンの場所を抜けて橋を渡り右に折れていきます。突き当たりをさらに左に折れて坂を登って行くと、チケット売り場があります。

チケット売り場の先からトンネルになっていて空気がひんやりしています。キックボードでダッシュしてきた私はとても気持ちよかったです。

途中展望台がありますが、一番奥にエレベーターがあり、さらに上の展望台に行くことができます。エレベーターを降りると係りの人がいて、そこからさらに階段を案内されます。
ここまでくると、滝の全貌を見ることができます。でもよく見ると、ん?。なんか水少なくない?時期なのか時間帯なのかわかりませんが、とても水が少なかったです。記念写真を撮って、もと来たトンネルを戻ります。

image1.JPG

相手の家族とはキャンプ場近くのエコスで待ち合わせです。ただ名前が変わっていて、一瞬迷ってしまった。
買い出しを済ませ、キャンプ場にむかいます。

image5.JPG

チェックインの1時間前に到着。
アーリーチェックインは一家族1800円だという。え"〜!!

仕方がないので、公園で時間を潰します。
車はセンターハウスに止めっぱなしで、目の前の橋を渡って反対側が公園になっています。

ここのローラー滑り台は名物になっていて
山の傾斜を利用して作ってあるのだが、とにかく長い。大人はケツが痛くて最後までもたなかった。子供は何度か滑ってました。
image3.JPG

それ以外にも坂の下には遊具施設が幾つかあって子供たちには楽しめると思う。大人は下に降りる手段が滑り台と階段仕方がなく、辛い選択になると思います。

image7.JPG

image4.JPG

またスパも併設されているので、こちらも楽しめると思います。7月8月の夏季限定ですが野外プールもオープンするようです。午後はこのスパで遊ぶ予定です。

ここで1時間ほど時間をっ潰して、また橋を渡ってセンターハウスに戻ります。
チェックインは済ましてあるのでカードをもらって早速サイトに移動します。

このキャンプ場はサイトエリアに車で入るためにはチェックイン時に貰えるカードが必要になります。

設営を済ませて、昼は簡単にカップ麺で済ませます。

午後は予定通りプールで遊びます。
興奮している子供達はさっさと水着に着替えてしまいました。お風呂セットも忘れずに。

土日料金は、子供半額になるようです。
スパと25mプール、スライダーと小さな滑り台がありました。コンプレッサーに自分で電源を入れなくてはなりませんが、空気を入れることもできました。コンプレッサーは結構な音がでるのでスイッチを入れた瞬間はビックリしました。

スパには内風呂があるので、プールで遊んだ場合はキャンプ場の風呂を利用しなくて済むので便利です。

サイトに戻ると晩御飯の準備をしつつ、子供達はアイスクリーム作りに挑戦です。
ジップロックを大小二つ用意して、小さい方に素材を、大きい方に氷と塩を入れて、しっかり閉めた小さいジップロックもいれます。
後は大きい方のジップロックもしっかり閉めてシャカシャカひたすらシェイクするだけです。

image1.JPG
詳細はこちらをご覧ください。

今回スタッフドチキンにも挑戦しました。
本格的なやつではなく、もっとお気軽な感じで、作ってみました。

image3.JPG
こちらも詳細は別記事にしたにで、こちらをご覧ください。

夜はいつも通りバーベキューです。
今回相手の家族が久慈しゃもの焼き鳥をゲットしていたのでそれもヤキヤキしました。

普通の鶏肉に比べ歯ごたえがありました。特に皮はとても弾力性が強く、味が濃いように思いました。

子供達はを寝かせバーベキューは焚き火に以降します。
今回焚き火を囲む焚き火テーブルを使いましたが、火の近くにプラスチックのコップなどを置いておくと短期間では平気でも少し放置すると暑くなったり、溶けたりするにで注意です。

しばらく語らって、大人もプールの疲れか、あっという間にお開きになりました。
消灯時間になると場内に放送が入りました。気持ちはわかりますが、せっかく自然の中に来たのに台無しです。

image5.JPG


大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ(2日目)
posted by molamola at 23:00| Comment(0) | アウトドア日記