2015年12月05日

アウトドアグッズ(焚き火台)

僕が使っている焚き火台を紹介します。

最近は直火禁止のキャンプ場があるので、焚き火台の出番が増えてきています。
僕は、直火OKのキャンプ場であっても、焚き火台を使うようにしています。

理由はいくつかあります。微生物がどうのということもありますが、
一番は来たときよりもキレイにして帰るというのが基本だと思っているからです。
焚き火台を使うとサイトの撤収が劇的に早くなるのと、そもそもサイトを汚さなくて済むからです。

それでも、焚き火を楽しみたいというのがあるので、焚き火台には直火の雰囲気や醍醐味に負けない
機能が求められます。
直火の良さって、人工物が目に入らない炎の自然な感じとか、ラフに薪を放り込んだりいじったりがいいのかなと思います。

スノーピーク(snow peak) 焚火台は、設置が簡単なのと、人工物ではありますが、デザインがシンプルなので
比較的気にならない。そしてなによりも薪を放り込む感じは直火の焚き火をだいぶ再現しているのではないかと思います。

僕がこれにした決め手はやはり、薪をラフに扱っても台からこぼれたりすることがないところだと思います。
これにオプションの焚火台ベースプレートを敷いています。微生物を保護する目的もありますが、
焚き火中微妙に移動したいことが、時々あり本体は熱くてもてないので、このベースプレートを
引きずって移動します。





他に本体の底に敷いて、炭を置くためのプレートや、上に網を載せてBBQができるオプションなども
あります。
どちらも一応持っていますが、我が家では今のところ薪は焚き火、炭はBBQと分けていて、
BBQは別にBBQコンロを持って行くので出番はないです。その為持ち出していないです。

運搬の体積と言う意味では一緒にした方が小さくなっていいと思いますが、特に炭のプレートは相当
重量があります。BBQのオプションも作りはしっかりしていてよいのですが、結構な重さがあり、
重量という意味では別々の方が軽くすむというのもあります。

せっかく持っているので、どこかで使いたいとは思います。
posted by molamola at 03:34| Comment(0) | アウトドアグッズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: