2015年12月22日

アウトドアグッズ(スティックライト)

子供連れでキャンプをする際に、夜に子供が居なくならないように、体のどこかに明かり付けておく事を考えます。
基本的には目を離さないのですが、保険としてです。

昔は、100均のケミカルライトを使っていてたのですが、毎回使い捨てになってしまう為
もったいないと思っていましたが、子供の遊び道具にもなるし、ついでに体に明かりをつけておいてくれればと思ってました。

それまでノーマークだったのですが、コールマンのバーゲンで試しに買ってみたものがあります。

それがコールマン、スティックフェスライトです。
image1.JPG

子供が二人いるので、色違いで二本です。
この商品、懐中電灯、スティックライト、スティック部分の点滅ライトと三つの機能があります。
一番効果があったのが、機能がどうというよりも、自分用というのが良かったらしく、喜んで首からぶら下げています。
その為、ケミカルライトだとすぐ無くしてしまうこともありましたが、これなら首からぶら下げられるので問題ありません。

よっぽど自分用が嬉しかったらしく常に首からぶら下げているので、すぐにどこにいるかがわかります。

あと地味ですが、電池のところに薄いスリットが空いていて、購入時はそこにプラスティックの薄い板が刺さっています。これを抜くことによって、通電して使えるようになるのですが、逆に言うとオフシーズンはそこにプラスティックを刺しておくことにより、電池の劣化を防ぐことができます。

注意点があります。スイッチのところにゴムが使われているのですが、強く押しすぎると凹んだまま元に戻らなくなってしまいます。
我が家の場合は外してはめ直したら治りましたが、注意が必要です。

我が家はたまたま、コールマン製でしたが、
各社から似たような商品が出ていると思います。子供の保険に一つ持たせることをお勧めします。

せっかく便利なアイテムをゲットしたのに、ケミカルライトは結局子供の遊び道具として今も使われていますが。


posted by molamola at 02:46| Comment(0) | アウトドアグッズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: