2016年01月02日

気になるアイテム(薪ストーブ)

最近特に気になるアイテムということで、記録の意味で記事にしておこうかと。
※この記事は、購入に至るまで、何度も更新される予定です。

■笑'sフォールディング薪ストーブ 焚き火の箱GspU
笑'sというメーカーの薪ストーブです。もともとソロや少人数向けの商品を多く作っていて
プロダクトとしてはとても気になっていたのですが、ファミリーキャンプが多い我が家には
縁がないかと思っていたのですが、この薪ストーブは違いました。
※適当な写真がないため、リンクを掲載しておきます。

http://cart05.lolipop.jp/LA12741274/?mode=ITEM2&p_id=PR00102328316

まずはこのメーカーの商品はすべてそうなのですが、収納時がとてもコンパクトだということです。
煙突も二つに割ってパタパタと折りたたむと本体と同じぐらいにコンパクトになります。
使用時も比較的コンパクトなのですが、それなりに奥行きがあるので、市販の薪がそのまま入りそうです。
また、前面と側面(片面のみオプションで両面にできますが同じようにたためなくなります)がガラス張りに
なっているので、炎の様子を見ることができます。これは個人的にかなりのプラスポイントです。

ただ、煙突が真上にしか伸ばせないため、横に伸ばしてテントやタープの外に出してから上に伸ばすみたいな使い方ができません。普通の丸い煙突に変換するアダプタはあるようですが、それでは、あのコンパクトな煙突のの良さがいかせません。

あと、残念なことに常に手に入るわけではなく、年間の数量限定で生産しているため、なかなか手に入らない
状態にあります。もし見つけたら即ゲットですね。

■次に大定番のホンマ製作所の時計型薪ストーブです。
写真はコストパフォーマンスの点からシンプルなタイプですが、ステンレス製のものや、ガラス窓が付いた
タイプもあります。写真がないですが、ガラス窓の付いた黒耐熱窓付時計型薪ストーブというタイプが一番気になりますね。
定番商品で比較的コストパフォーマンスがよいのですが、やはりコンパクトとはいえ、それなりにかさばります。


■ANEVAYのFrontier Stove (フロンティアストーブ)です。
現在のところ、最有力候補です。足が長いので地面へのダメージが少ないのがいいです。
足がたためてコンパクトになるのもいいと思います。
煙突が特別ですが、一般にあるタイプよりも細く持ち運ぶことを考えるとコンパクトなのがいいです。
もちろん本体の中に煙突が収納できます。専用のバックもあります。ガラス窓がないので炎を楽しむことはできないのが残念です。


■モキ製作所 MOKI 組立式無煙 俺のかまど MK-6K
なんといってもその小ささに惹かれます。ただ、本体が短すぎるので、通常売られている薪はそのままでは入らないと思われます。煙がでにくいのが売りのようで、口コミにも書かれています。
このサイズで通常の薪が入るぐらい、もう少し奥行きがあればいいのではと思ってしまいます。
これもガラス窓は付いていません。


■tent-Mark DESIGNS iron-stove 改
※適当な写真が見つかりませんでした。見つけ次第更新します。
コンパクトでとてもいいと思います。ただ、コンパクトにたためるがゆえに煙突の収納は別になります。
本体をよりコンパクトにたためるようにした方がいいのか、そこは多少犠牲にしてでも、煙突を本体の中に
収納できるようにできた方がいいのか悩みどころです。

■エルドフェルストーブ
※適当な写真が見つかりませんでした。見つけ次第更新します。
ノルディスクのテントを調べているときに見つけました。足がたたむと本体に密着してほとんど気にならないほどたためるのほGoodです。奥行きもあるので通常の薪もそのまま投入できます。
煙突が上に行くほど細くなっていて、煙突をバラスとひとつ下の煙突パーツに収まるようになっています。
ただちと値段が高いですね。もう少し安かったら最有力候補になるかも知れません。

どの薪ストーブがいいかな。
posted by molamola at 00:26| Comment(0) | アウトドアグッズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: