2016年01月09日

初めての車中泊

初めての車中泊に挑戦して来ました。

そもそもきっかけは、私がちょっと遠い場所にある水族館に行きたいと言い出したことが始まりでした。
その時に高速代を調べたところ、結構な金額がかかることから、一般道で行ってみようとなり、
だったら、途中で車中泊もシェアに入れて考えようということになったのです。完全な思い付きです。

一般道なら、途中好きなところで公園に寄って遊んでもいいし、お腹がすいたらご飯を食べればいいし
温泉も適当見つければいい、その辺が自由にできます。

そんなこんなで、一泊二日のてきとう旅行が始まりました。

車中泊と言うのが初めてだったので、どんなものが必要か検討がつかず、何を用意しておけばいいのかまったく分からなかった。
とりあえず寒さ対策と簡易的な火気を用意して、後は現地で何とかしようと言うことで出発しました。

都心を抜け、日が暮れる前に公園を探します。
ひとつ目に適当に見つけた公園は、遊具が少ししかなかったので、ちょっと移動。

二つ目の公園は地図上は大きい感じだったので寄ってみる。
東高根森林公園と言うところでした。
image1.JPG
遊具と言うよりは散策が中心という感じ、でも少しだけ子供遊具があったのでそこでしばらく遊ぶことにしました。

次に温泉を探します。たまたま見つけて温泉が「湯花楽 秦野店」というところでした。

Webの画面を見せると割引になるということで、スマホの画面を見せて割引にしてもらいました。
一人1台見せる必要があるので注意。
ここはアメジストサウナや黄土サウナなど変わったサウナがあり、これだけ施設がそろっている割には
値段も手ごろでよかったと思います。ただ、休憩スペースがないのが残念。時間差で風呂を出てしまうと待ち合わせが大変です。

ふと見つけた道の駅で休憩
道の駅 ふじおやま」と言うところでした。国道246唯一の道の駅だそうです。
道の駅でトイレ休憩と子供たちをいつでも眠れるようシュラフを巻いておきます。

車は移動し車中泊の場所を求めて、目的地に一番近い道の駅を探します。
道の駅 富士川楽座」というところにしました。一階側の駐車場は駐車できる台数がほとんどなく
奥に立体駐車場があるのですが、一階以外は夜間は閉まっています。
そのため、少し道を登って、ぷらっとパークという方の駐車場に止めることにしました。
立体駐車場から一般道に出て左に上っていくと駐車場の入り口があります。

ここは富士川SAとつながっていてETCがあれば、SA側にも入ることができます。
ただ、後で調べて分かったことで、その時はスマートIC出口は見つけられたが、スマートICの入口が見つけられなかった。

本日はここで車中泊をすることにしました。

これは翌朝撮影したもの、富士山が目の前に見えてロケーションが最高でした。
image2.JPG

これも翌朝パン屋がオープンしたのでこんなパンを買ってみました。中はあんこでした。
image3.JPG

車の後ろを全てフラットにして、4つ持ってきたシュラフを全て広げます。
最近の車はフルフラットと言っても、乗り心地優先なのか完全な平らにはならないんですね。
あと、サードシートの後ろに荷物を積んでいたため、そこも完全な平らにはなりませんでした。

最初はママと子供2名は後ろで寝て、ちょっと狭そうだったので私は運転席を倒してそこで寝ていたのですが、足を伸ばしたくて私も後ろに参加しました。

暖房はしばらくエンジンを付けていたのですが、ためしにエンジンを切ってみると数時間で寒くて居られなくなりました。

また、やはり4人が川の字に寝るのには無理があるみたいで、ほとんど寝返りが打てないほど身動きが取れない状態で寝る羽目になりました。しかも背中が車の壁についているので、そこから体温を奪われていきます。

暖房も数時間おきにエンジンをかけて車内を暖めながら夜をすごくことになりました。
そういう状態で朝まで過ごしました。子供は一度も起きなかったのでシュラフの中で、快適に寝れたようです。

やはり車中泊にはいくつか課題が残りました。
フラット対策
・椅子をを倒しても完全な平らにならないため、凹凸を軽減する仕組みが必要

寒さ対策
・窓ガラスを何かで覆う
・さらにカーテン状のものを設置
・シュラフ以外に主だった防寒装備がなかったため他の防寒装備も併用する

狭さ対策
・サードシートの後ろも平らにできるようにする。
・ネットを見ると二段ベッドを車内に組んでいる人も居ました。
・運転席のスペースも活用できないか※こんなん見つけたけどちと高い・・・。
http://www.sun-auto.jp/mb/archives/1743

荷物の厳選
基本的に椅子をフラットにした時に椅子の下に荷物が収まるように工夫が必要
特にサードシートの後ろはちゃんと厳選しないと平らになりません。

翌朝、少し道の駅、SA内を散策したあと、目的の水族館を目指します。
東海大学海洋科学博物館です。
image4.JPG

水族館を後にして、暗くなる前に公園を探すことにしました。
「ふじのくに田子の浦みなと公園」というところにいきました。
image5.JPG

子供たちを遊ばせている間、パパはこの後の長距離ドライブに向けてちょっと仮眠

まだまだ造成中という感じですが、子供向けの遊具もあってしばらく遊べました。
それと、なんといってもロケーションが最高でした。
公園が17:00で閉まってしまうため、我が家もそれに合わせて公園を後にすることに。

道の駅 富士」の看板が見えてきたので寄り道、車中泊の場所を選ぶ際に迷ったもう一箇所です。
トイレ休憩とその時ネットを見て気になっていた。お土産のトイレットペーパーを購入。

帰り道の途中沼津港に寄って晩御飯を食べました。
巨大なかき揚げで有名なお店です。
魚河岸 丸天

沼津と言えば深海水族館ですが、晩御飯の時間なのですでに閉まっていました。残念・・・。
image6.JPG

沼津港を離れてしばらく走ると、さすがに少し疲れが・・・
ナビで調べて近くの道の駅で休憩することに。ちょっと仮眠、行きに寄った道の駅だった

ぎりぎりその日のうちに我が家に到着。

自分の中でもう少し盛り上がれば、車内の改造とかにも手を出すかも・・・
その際はまたここで紹介しようと思います。
タグ:車中泊
posted by molamola at 00:00| Comment(0) | アウトドア日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: