2016年01月26日

デリカ車中泊プロジェクト始動(その1)

先日の、思いつきで実施した車中泊の旅ですが、あまりに寝る為の準備がなっていなかった為の寒い思いと狭い思いをしました。
そこで「デリカ車中泊プロジェクト」始動

まずは基本方針を決めます。
ネットを探すと車内に二段ベッドを作っている人がいます、構造上とても面白いと思いました。ただ下にも書いていますが、構造が複雑になってしまうので収納性が悪くなってしまうのと重量も増す気がするので他の方法を模索する事にしました。

皆さん一番前の席を残して、セカンドシートからフラットにする人が多いですが、そうすると家族4人だと狭くなってしまうので二段ベッドへと考えてしまう気がします、運転席からサードシートの後ろまで全てをフラットにしてみることにしました。

あと、車は傷を付けないで行きたいと思います。穴を開けたりしないということです。

次に設計方針を考えます。
豪華に作っても移動時や何かの時にすぐに畳めなければ意味がありません。少なくとも運転席はすぐ使えるようにならなくてはいけません。
移動モードと車中泊モードへのセッティングの手間が簡単である必要があります。
また運転席はいざという時に、すぐ畳めるように別で畳める必要があるかもしれません。

セッティング後の使い勝手もある程度重要です。床下へのアクセス方法や簡易テーブルの機能なども考えたいと思っています。

燃費を考えてなるべく軽量化しつつ、最低限の強度は確保しなくてはなりません。

他の荷物が積めなくなってしまっては意味がないので、パーツはなるべく少なくしたいです。またなるべくコンパクトにたためるようにしたいです。その為には構造をなるべくシンプルにする必要があります。

自宅から積み込む手間も減らしたいですね。
積みっぱなしにすることはできませんので、積み降しが簡単である必要があります。
せっかくキャンプよりお手軽な車中泊なはずがかえって面倒なことになっては意味がありません。

この全てが複雑に絡み合って、全てを成立させる設計を考えるのはなかなか難しく、夜も眠れなくなります。

ここから詳細な設計と構造やパーツの選定に入っていきますがそれは次回。

デリカ車中泊プロジェクト(その2)
posted by molamola at 11:19| Comment(0) | アウトドアアイディア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: