2016年03月17日

アウトドア入門(撤収)

朝食の片付けも終わり、楽しいキャンプも撤収の時間が近ずいてきました。

今回は撤収のお話です。

ただ撤収の日の朝は上のような時間から、腰を持ち上げているようでは遅すぎなのです。

まず朝起きたら、家族はまだ寝ているでしょうから、寝起きのコーヒーを豆から入れるのもいいでしょう。そういった時間もとても大切です。今日の天気と帰りの予定を考えながら、ゆっくりコーヒーでも飲みましょう。

家族が起きたら、今日の天気によりますが晴れなら、まずはテントの中をからにします。
マットやシュラフ以外は片付けてしまいましょう。

マットやシュラフはその場で干してしまいます。車の上やベンチやロープを張ってもいいでしょう。朝食で使うもの以外は全て使います。
コットなどぶら下げられないものは日向に出しておきます。

そしてテントの中が空になったらテントを組み立てたまま逆さにしてしまいます。テントの裏を乾かすためです。
テントの裏は地面の湿気で濡れているので、そこが一番乾かしたいポイントになります。

ここまで来てようやく朝食です。
キャンプの道具は大きなものが多くある為、
家に帰ってからテントを干したりタープを干したりするのは結構大変です。しかもちゃんと乾燥させておかないと、次回使う時にカビが生えていた、なんてことになります。
キャンプとかはしょっちゅう行けるものではないので、この乾燥が特に大事になります。

朝食を済ませたら、まずは時間の掛かる火器から片付けていきます。この時火消し壺があるととても便利です。
バーベキューコンロの炭の残りも焚火台の薪の残りもこの火消し壺にひっくり返してしまえば火が消えるのを待ったり水で無理やり消す必要はありません。水で消化するとコンロのや焚火台を乾かす必要があり、場合によっては、かえって撤収に時間がかかってしまいます。

火器が冷える間に、食器類洗いなど朝食の片付けを進めつつ、日向で干しておいた道具をじゃんじゃん畳んでいきます。この時畳んだ道具は車の横にレジャーシート敷いて並べておきます。
畳んだ順番に車に積み込めれば理想なのですが、我が家の場合、安定している積み方だと、比較的最後まで残っているテーブルが、車に積む時は最初の方だったりするので、苦肉の策だったりはしますが、積み方は基本的に決まっているので、車の横に取り敢えず並べて最後に一気に積み込んだ方が早かったです。

火器も火種が無くなれば、あっという間に畳めるぐらいになります。

すべての道具が車の横に並べられたら、最後一気に車にパッキングしてしまいます。その為車への積み方はちゃんと決めておく必要があります。

我が家もキャンプ道具のパッキングは基本的に決まっていて、それにコンセプトごとにオプションを追加するだけになっています。
川遊びならバケツや魚取り網を、海水浴なら浮き輪やシュノーケルなど、といった感じです。

おそらく、火消し壺がしばらく熱々で、一番最後まで、積めないと思いますが、すべてのパッキングが終わる頃、ホクホクぐらいまでは冷めているのではないでしょうか、最後に火消し壺を乗せて完了です。
posted by molamola at 08:59| Comment(0) | アウトドア入門
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: