2016年03月20日

キャンピカ富士ぐりんぱ(2日目)

朝起きると、一面きりで真っ白
朝食を済ませ、撤収を始めます。

そり遊びの後、一度戻ってお風呂でもと思っていましたが、
いろいろと時間がかかってしまってので、このまま撤収することにしました。

チェックアウトを済ませて、ぐりんぱ側の駐車場に移動します。
入場券はキャンプ場の領収書を見せると割引になります。

そり遊び場を目指します。
人口雪なので砂利の上を滑っているようで手にこすれると痛いです。手袋必須のようです。

数回ずつ滑って、次に行こうという子供たち。
着替えるために一度車に戻ります。再入場はチケットがあれば大丈夫のようでした。

ついでに駐車場でキャンプの余りで昼食をとります。

再入場して、上の娘の希望で「そよかぜサイクリング」へ、
下の息子は年齢制限で乗れないので別のを探します。

ココドコという日本最大急の床総面積を誇る立体迷路に挑戦
下の息子&ママチームと上の娘&パパチームで分かれての勝負となりました。
しばらくすると、外を歩く二人を見つけて、あっさりギブアップしたのかと思ったら、
わたしたちがあっさり負けてしまいました。この段階でハンコはひとつも押せてません。

この施設コースが二つあって、それぞれコースの中のスタンプを二つ見つけて頂上のゴールを目指します。
途中ダミーのスタンプ場もあって、結構大変でした。最後にゴールでスタンプを押すと一コース三つのスタンプを押して外に出ることができます。もちろん途中ギブアップの扉もいくつかあります。
娘とパパチームもヒントをもらい何とかゴールすることができました。

下の息子はママと一緒にウルトラマントレインへ
その間、ウルトラマンのお土産屋で時間をつぶします。
待ってる間に雨がひどくなってきたので、撤収することにしました。

いったん雨宿りに「キッズフジQ」に寄ります。
ここは基本的に追加料金無しに、キッズ遊具で遊ぶことができます。二つほど有料の施設がありましたが、
もちろん却下。ぐりんぱ自体が17時までということで、ここも撤収。

帰りは高速代をケチって下道で帰宅、その代わり、お風呂を探して夕食とお風呂につかって、お腹いっぱいキレイさっぱりでの帰宅となりました。それが目的に下道を選択したというのもありますが。

そり遊びが目的でしたが、雪としてはかなり末期な状態でした。ただ、そのそのおかげでキャンプはぎりぎり
寒くなくすごすことができたのではないかと思います。

本格的にそり遊び&キャンプをするとなると、もっと本格的な寒さ対策が必要になるかと思います。
そのため冬キャンプ一回目としてはよかったのではないでしょうか。
posted by molamola at 15:52| Comment(0) | アウトドア日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: