2016年07月23日

BOSCOオートキャンプベース(1日目)

今回はBOSCOオートキャンプベースに、行ってきました。
image9.JPG

買い出しはイオン秦野店で済ませます。
そこからキャンプ場までは細い山道を抜けていかなければなりません。
所々中央ラインがなくなるほど細くなるポイントがあります。

受付で手続きをすませます。
image5.JPG

サイトは一番奥から二番目でした。
このキャンプ場は場内に川の水が汲めるところがあって、もちろん飲むこともできます。
ただ汲める場所は受付を中心に反対側になるので、必要な場合はサイトに移動する前に汲んでおいた方が良いです。一応サイトの近くに水道はあります。僕らはサイトに着いてから汲みに行ったので大変でした。
image2.JPG
奥に見える水が出ているところが、水汲み場になります。

早速その水を使って子供達は、流し素麺です。
ここで登場したのは、タカラトミーアーツのビッグストリームそうめんスライダーです。


子供達は大興奮でした。そうめんを皆で取り合って必死に食べていました。
この流しそうめんですが、東京サマーランド監修で頂上のバケツがひっくり返るギミックなど、サマーランドを思わせるポイントが各所に見られ、子供たちは楽しめると思います。

昼食をすませると、子供達は軽装になり目の前の川で遊び始めます。ここのキャンプ場はほとんどのサイトが川沿いに作られており、どこのサイトも常に水の流れる音が聞こえます。

僕らのサイトの周りには今回人がいませんでしたが、いたとしてもよっぽど騒がない限りは川の音で気にならないのではと思いました。

また水深は浅く子供のスネ中程度(※場所によっては深いところもあるかもしれません。また、事故は水深に関係なく発生する可能性があります)ですので、比較的安心して子供達を遊ばせることができます。

子供達の腹ごしらえが終わると今度は大人です。その頃には設営もだいたい落ち着いていて大人の昼食の時間になります。大人は普通に蕎麦とそうめんをいただきました。

お腹も落ち着いたので場内を散歩に出かけます。すると気がついた子供達が付いてきました。
image3.JPG
これは、サイトの近くのトイレと右に見えるのが炊事場です。キャンプ場の所々にこういったトイレと炊事場があります。

夏休み限定らしいのですが、ニジマスのつかみ取りを実施していました。子供達はそれを見つけて、やりたいやりたい大騒ぎ。散歩なんかそっちのけで、自分達のサイトに戻っていきます。つかみ取りの料金を貰うためです。

image6.JPG
ニジマスのつかみ取り会場の近くにピザ釜がありました。予約しておくと使えるようです。

僕も一度戻り、今度は全員でつかみ取り会場に向かいます。
途中受付で手続きを済ませ、レシートを首から下げて会場へ。場所は水汲みの近くです。
3匹1000円でした。良心的な方だと思います。
image7.JPG

ニジマスは3匹で、子供が丁度3人なので、1人一匹ずつになります。
最初は皆バラバラで追いかけ回すだけでしたが、だんだんと魚がよく隠れる場所がわかってきて、もう少しという場面が増えてきます。
すると、最後まで捕まらないと思っていた一番年下の男の子が一瞬捕まえました。バケツまで間に合わず逃がしてしまいましたがもう少し!皆コツをつかんできて全員捕まえることができました。

帰りに受付横のショップで、薪と花火を購入します。
それからは、サイトに戻りマッタリしながら夕食の準備です。

僕は先ほどつかみ取りしたニジマスを捌きます。あえて子供達の前で魚をさばいていきます。
なるべく興味を持てるよう拙い知識ですが、説明をしながら行いました。
image8.JPG

昼間にタレにつけ込んでおいてスペアリブを焼いていきます。
あと夕飯は、つかみ取りをしたニジマスと、スーパーで買った肉やらを焼いていきます。

友人家族がおいしい牛肉の煮込みを仕入れてきてくれたので、
ご飯が欲しくなるねということで、飯盒にチャレンジしてみます。
友人家族が持ってきていました。

ご飯を入れて、水に浸けておくのですが、この時間が重要のようです。
30分ほどしっかり水を吸わせた後、今回はガソリンのツーバーナーで火にかけていきます。
はじめは弱火で沸騰してくると、蓋が持ち上がってくるので、薪などの重りを乗せて、
蓋が持ち上がらないようにします。
その後強火にして、ん〜何分だったか、火を消して裏返して10分ほど蒸らすと完成です。
※あんまり時間とか覚えてないです。すいません。。。

我が家から持参した花火と先ほど買った花火で花火大会が始まりました。
今回は周りには人がいないので、煙を気にすることなくすることができました。

子供たちはこのまま、寝かしつけ大人の時間です。
聞こえるのは、川の流れという自然の音と自分たちの会話という、
今回回りに他のお客さんがいなかったのもありますが、こんな完璧な環境はそうそうありません。
時間も過ぎていき、大人の時間もお開きとなりました。

BOSCOオートキャンプベース(2日目)
posted by molamola at 10:35| Comment(0) | アウトドア日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: