2016年08月30日

シーサー作り

子供達へお土産で貰ったシーサー作りのキットでシーサーを作りました。

子供達は昼間に作品を完了させていました。
ただ、ほとんど材料を使用せず作っていたので1.5個分ほど余っていました。

夜中に帰宅した私は余った材料を元に、シーサーを作ってみました。
私も本気でシーサーを作るのは初めてで、どう作ったらシーサーになるのか全く未知です。

必ず2体一対になっていて、片方の口は開いていて、片方の口は閉じているという程度の知識です。
これは「あ」「うん」といって一方が口を開けた「阿形」、もう一方が口を閉じた「吽形」で、「阿吽」を表しています。「阿吽の呼吸」の語源になっています。


材料は漆喰(しっくい)で、これはアルカリ性なので基本的に素手で触ると肌が荒れてしまいます。
キットにはビニールの手袋が着いているのですが、昼間子供達が使ってどこかに行ってしまったので
仕方なく素手で作成します。短時間ならなんとかなるだろうと安易な気持ちでした。

途中までアザラシを作ってるみたいでした、どうしたらシーサーになるか、
ネットでシーサーの画像を見ながら、シーサーならではのポイントを探します。

大きなブタっぱなと耳、大きなシッポを足して、なんとかシーサーっぽくなりました。
これを一週間ほど感想させて、色を塗って行くことになります。
image1.JPG
posted by molamola at 03:30| Comment(0) | アウトドア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: