2016年08月29日

キャンプアンドキャビンズ(3日目)

キャンプ3日目です。今日は撤収の日です。
キャビンのチェックアウトは11時なのでのんびりはしていられません。
と言ってもテントやタープの撤収がないので超楽ちんです。

トレジャーハンターの前にクマの手が置いてあり、子供達はキャンプ場の掃除をすると、チェックアウトの際にお菓子をくれます。子供達自身で申告に行きましょう。
チェックアウトを済ませると我が家はもうひと家族の子供だけ預かって、キャンプ場内でやっているものではなくて、近くでやっているもう少し本格的なホリホリをしてみようということで、トレジャーストーンパークに向かいます。
http://www.treasurestonepark.com/index.html
image4.JPG

激混みで駐車場に入るのも大変、ママに先に降りてもらい、予約だけ済ませます。
2時間待ちとの連絡が入り、諦めようとも思いましたが、本日の予定はこれだけなので、子供達は車の中でDVDを見て時間を潰します。ようやく車も止めることができ、子供達と施設の中に向かいます。途中駐車待ちの段階で諦める人や、受付で2時間待ちと聞いて、子供を説得している人がいました。
ここトレジャーストーンパークは二つのコースがあって洞窟のへ砂を掘ってパワーストーンを探すのと、水の中の砂地を掘ってパワーストーンを探すのがあり、2時間待ちなのは洞窟入っていく方で水の中の方は比較的回転も良くそれ程待たなくても良いみたいでした。ただ水掘りの方が石が小ぶりのようです。



image5.JPG
image6.JPG
image7.JPG
施設の中にはトレジャー人形(?)が50体隠れているにで、皆んなで探しながら待つのもいいと思います。

パワーストーンのUFOキャッチャーもあり、待っている間に2回づつ遊びました。それでも時間が余り休憩場でウダウダして時間を潰します。
いよいよ順番が回ってきました。一度に4組ずつ洞窟の中に入っていきます。
image8.JPG

現場に着いても最初は真っ暗でスタートの合図と共に電気が付いて、ホリホリ開始です。
時間切れになると再び真っ暗になります。
ホリホリが終わると、向こうの家族と合流して昼食にします。
相手の家族は那須といえばカフェや雑貨店ということでお店巡りをしていたのですが、途中気になるラーメン屋があったということでそこで合流することにしました。

那須ラーメンの「やま吉 那須本店」です。
http://yamakichinasu.com/index.html
image9.JPG
江戸末期に建てられた築180年の本物の古民家で那須で唯一の古民家ラーメン屋とうことでここで昼食を済ませます。土地の食材にこだわっていて、しつこくなくさっぱりとした味わいでとても美味しかったです。
image10.JPG

最後にお温泉に入っていこうということで、だいぶ悩んで鹿の湯という歴史のあるお温泉に決めました。
http://www.shikanoyu.jp
ここは石鹸類の持ち込み禁止という、純粋にお湯を楽しむ為の温泉です。
300年の歴史がある湯治場で、施設自体も独特の雰囲気があります。
脱衣所はなるべく濡らさない(当然のことですが)、お湯に浸からずに休憩する場合は、足だけお湯につけておくのではなく全身上がって休憩する。特に高温のお湯は波立つだけで低温火傷する恐れがある為他の人が入っている場所は注意が必要、前の人が上がる等順番を待つ必要があります。

また高温のお風呂は常連さんと思われるお客さんが沢山縁に座っている為、行くのになかかな勇気の入ります。温泉場のすぐ近くにある殺生岩が気になりましたが、雨だったので今回は諦めました。
後で調べると、本当に岩の隙間からガスが出ていて、噴出量が多い時は入場規制がかかるほどなんだそうです。

今回のキャンプ場はキャンプ場というよりテーマパークのようでした。1日目はテント泊をしていますが、キャンプをしているという感じになりません。サイトでくつろぐ時間はほとんどなく、下手すればご飯の時間も、気をつけないと逃してしまうほどです。自然の中でくつろぎたいという方には不向きです。あくまでキャンプ場のコンセプトにある通り、子供達にめいいっぱい遊んでもらうという感じです。
子供連れのファミリーにはとても良いのではないでしょうか。

サイトは高規格ということで高めですが、それ以外が良心的で、お風呂が無料なのも素晴らしいと思います。
僕はハートランドが僕にはとても飲みやすく気に入りました。キャンプ場で購入してもそれほど高くなくオススメです。特にじゃぶじゃぶ池で遊ぶ子供を見ながらハートランドを飲むのが良かったです。もっと天気が良かったら最高だと思います。
posted by molamola at 23:55| Comment(0) | アウトドア日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: