2017年01月22日

アウトドアグッズ(保存食)

今回は保存食の話です。
我が家でも賞味期限が近づいたので、実際に食べてみました。

パッケージを開け、脱酸素剤とスプーンを取り出します。
その後、お湯か水を注ぎます、注水線が食材と同じか若干下にあり、食材にお湯がかぶらない可能性があります。
作り方にも書いてありますが、お湯(水)を注いだ後よく混ぜてくださいとあります。
私は混ぜるのを忘れてしまい、蓋を閉めた後パッケージごとふりふりして見ましたが上手に出来ました。

お手軽でお湯を注ぐだけですぐに食べられるのがよいと思いました。
五目の方は椎茸とかこんにゃくとかの食感があり、飽きずに美味しくいただけました。
わかめは若干潮加減が気になりましたが、好みが分かれる所かと思います。

キャンプなどで食事の時間を短くしたい場合なんかに、毎回カップラーメンばかりというより、たまにはこういうのもよいのではないでしょうか。※保存が効く商品なので、キャンプ道具の隙間に常備しておいて、いざという時の為に用意しておくのがいいと思います。
もちろん支度の非常時の食料として保存しておくのもいいと思います。
我が家はどちらも兼用という感じです。キャンプ道具と一緒にいざという時の場合に備えて用意しておいて、キャンプ場や自宅で非常時にも使えるようにしています。

今回食したのは以下の二種類ですが、他にも種類がたくさんありますので、保存食、非常食として用意しておくがいいと思います。




posted by molamola at 16:35| Comment(0) | アウトドアグッズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: