2017年08月05日

大洗サンビーチキャンプ場(1日目)

大洗サンビーチキャンプ場に行ってきました。

待ち合わせは那珂湊おさかな市場http://www.nakaminato-osakanaichiba.jp/

珍しく予定より早く着きました。
今回はT一家とK一家の三家族でのキャンプです。

牡蠣とホタテをトロ箱で買ってマグロを柵で、ブリが安かったので一匹買ってみました。
image2.JPG

魚介の買出しが終わるとスーパーに向かいます。
今回早はエコス 大洗店を利用しました。

キャンプ場のチェックインが13時でアーリーチェックインでも11時なので、大洗わくわく科学館の駐車場にある公園で時間を潰すことにしました。駐車場、公園自体は無料です。
早朝は駐車場が閉まっているので注意です。

ここは網を張った遊具やローラー滑り台、霧の噴水などがあります。
image1.JPG

子供が遊べる噴水もあり、水が不規則に出たり止まったり、あっという間に子供たちは全身びしょ濡れに。
image10.JPG

チェックインして早速設営です。
ここは一部を除いてオートキャンプではないので、荷物運びこんで設営となります。

我が家はタープも担当なので3サイトで一番通路に近いサイトをリビングとしてそこにタープを張ります。
残りの2サイトにテントを三張りすることにします。

昼食は早速水着に着替えて海水浴です。
サイトの前回は目の前の海水浴場に歩いて行ったのですが、今回は車で数分移動します。

今回は海の家も利用しました。まずは海の家で昼食を食べます。
image1.JPG


僕は子供達に波に乗る体験をさせて上げようと、ビニールの乗物やブギーボードなので、波に合わせて送り出してやるよ、うまく波に乗って波打ち際まで乗って行きます。
子供達は、波乗りの感覚を体験できたのではないでしょうか。

あとは沖にでて、波に合わせてジャンプ(これも波乗りって言う?)それでも頭から水を浴びて、キャッキャして遊んでいました。身長が足らない場合は僕がだっこして一緒に波に挑みます。

普段、岩場で遊ぶことの多い我が家ですが、久々に砂浜で遊んでとても楽しかったです。

波間をよく見ると1センチほどの小さな貝が沢山落ちていました。砂を掘ってもポロポロと出てきます。そんな中数センチと小さめですがハマグリも見つかることがあります。
貝など採取に茨城県が出している注意事項があるので、確認しておくとよいと思います。
http://www.pref.ibaraki.jp/nourinsuisan/gyosei/chosei/leasure/shiohigari.html

海の家を利用すると、シャワーも温水で利用することができます。
息子と一緒にシャワーを浴びて、着替えてしまいます。

サイトに戻ると早速晩御飯の準備です。献立は牡蠣、ホタテ、ブリです。
まずは牡蠣を開いていきます。ここでオイスターナイフの登場です。
ほとんどを生牡蠣で、少し焼き牡蠣のにして食べました。
image1.JPG

今回の牡蠣は身が大きく一人数個づつだったのですが、それだけでお腹いっぱいに。
ホタテはほとんどを焼いて子供達に、少しを生で大人達に。
image1.JPG

私は半分好奇心で買ったブリは捌かなくてはなりません。
ブリは5枚におろして一つを刺身にして食べましたが、それ以外はラップに包んでクーラーボックスへ
image5.JPG

image7.JPG

image8.JPG

ここでちょっと閲覧注意です。
ブリには時々、ブリ糸状虫という寄生虫が寄生しています。
基本的に人間が食べても問題ないのですが、出来れば食べたくないものです。
ブリを捌く時に注意していれば、すぐわかります。


















ブリ糸状虫です。
image9.JPG

肉も用意してましたが、たどり着けませんでした。

しばらく大人の時間で就寝となりました。
posted by molamola at 22:46| Comment(0) | アウトドア日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: