2017年08月06日

大洗サンビーチキャンプ場(2日目)

チェックアウトは10時と意外と早いです。
我が家はタープもあるし小物も多いので、遅れをとらないように、朝から大忙しです。

image11.JPG

大人たちは、もう海は行かないと思っていましたが、子供たちは海へ行きたい、海へ行きたいと大騒ぎ、プールも考えましたが、駐車場代、入場料を考えると、海の家に入らなければ駐車場代しか掛からない海水浴の方が安上がりと諦めて昨日と同じ場所で海水浴となりました。

お昼近くなりましたが、今回、海の家を利用してないので、パンの余りやお菓子を持ち寄ってごまかしました。
ここでK家族とはお別れです。

我が家とT家族は潮騒の湯に寄って行くことのになりました。
化石海水の湯に入れる珍しい温泉です。
ただ海水浴の後でベタベタした体さっぱりさせるのには不向きで、外の化石海水の湯でしっかりあったまった後は室内の普通の温泉でさっぱりしてから上がるのがオススメです。

ここは食事を取れる施設もあるので、ここで遅い昼食となりました。
ここでT家族とも解散となりました。

キャンプ場自体はオートキャンプ場でないことを考えるとオーソドックスなキャンプ場です。

駐車場もだいたいサイトの目の前に置けるのでリヤカーで荷物を永遠と運ぶとかもありません。
海水浴の拠点と考えると最適だと思います。

雨が降っても水族館や科学館、アウトレットに逃げることもできます。
また那珂湊の市場が近いので魚介を買い込んで魚介パーティーは最高です。我が家は大概牡蠣パーティーになります。
posted by molamola at 22:46| Comment(0) | アウトドア日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: