2017年03月11日

アウトドアグッズ(パーティーボウル(3段)ホワイト)

image1.JPG
久々にアウトドアショップをふらふらとしていたら、面白い物を見つけました。

続きを読む
posted by molamola at 20:37| Comment(0) | アウトドアグッズ

2017年02月05日

気になるアイテム(トング)

ユニフレームのトングです。
image11.JPG

バーベキューをする際に必ずと行っていいほど、使用するトングですが、我が家は低コストナンバー1の100均のトングを使用しています。

しかし、世の中には便利なトングがたくさんありまして、このユニーフレームのトングもその一つです。
普段バーベキューで使用していると、使用中のトングの置き場に困りませんか?

我が家は先が太いタイプなので、その辺に置くとその場所が汚れてしまいます。
そのため、網の上に置きっぱなしにしてしまうと、今度は熱くなって持てなくなってしまう。

そんな時このユニフレームのトングは先が細くなっていて、細かい物がつかみやすいだけでなく、柄の途中に突起があり、その辺に置いても先が地面に付かないようになっています。

これはとても便利!!


いかがでしょうか。
posted by molamola at 14:30| Comment(0) | アウトドアグッズ

2017年02月01日

アウトドアグッズ(手ぬぐい)

手ぬぐい…一見、アウトドアっぽくないですが、実はとても機能的で便利なアイテムなんです。

濡れた手を拭いたり、汗を拭いたりはもちろん、お風呂に行く時も着替えと手ぬぐい一本あれば事足ります。

首に巻いて防寒対策、暑い時は濡らして首元を冷やす涼感グッズにと大活躍。

しかも使い込むほどに肌触りが良くなる。色合いが淡くなり愛着が湧く。

すぐ乾くので雑菌が発生しにくく清潔です。縁が縫われていないのもその為です。
これが手ぬぐいの一番の魅力ではないでしょうか。

次にかさばらないこ、生地自体は薄いし起毛しているわけではないので、たたむと非常にコンパクトになります。

そのほかにも、縁が縫われていないので、簡単にちぎることができます。その為いざという時に適当な長さ千切って、止血に利用したりもできます。

最近、柄が豊富で、特に水族館や博物館に行くと、その施設の特徴をとらえた手ぬぐいが売っているとつい買ってしまいます。

ぜひお気に入りの手ぬぐいを探してみてください。








posted by molamola at 11:04| Comment(0) | アウトドアグッズ

2017年01月24日

アウトドアグッズ(マルチツール)

マルチツールのお話です。

私は常にビクトリノックスのツーリストという商品を持ち歩いています。

これを選んだ理由は、必要最低限の機能とコンパクトさです。
機能を追加すればその分便利になりますが本体は大きくなり、重くなり、かさばります。

このツーリストは大小ナイフと栓抜き、缶切り、ワインオープナーが付いています。それ以外は特に必要ありません。※毛抜きは時々使えます。

スタンダードと同じ機能数ですがこちらの方は若干コンパクトになっています。

ノコギリを足したキャンパーとも迷いましたが、ソロキャンパーでもない限り、小さいノコギリは使わないように思いました。普通サイズのノコギリとナタのセットを持ち歩いています。

小ナイフ一つ削ったもっとコンパクトなものがあってもいいかなと思うぐらいです。

ちなみに機能数No.1はスイスチャンプです。
ぜひ自分にあったマルチツールナイフを見つけてみてください。





posted by molamola at 23:56| Comment(0) | アウトドアグッズ

2017年01月22日

アウトドアグッズ(保存食)

今回は保存食の話です。
我が家でも賞味期限が近づいたので、実際に食べてみました。

パッケージを開け、脱酸素剤とスプーンを取り出します。
その後、お湯か水を注ぎます、注水線が食材と同じか若干下にあり、食材にお湯がかぶらない可能性があります。
作り方にも書いてありますが、お湯(水)を注いだ後よく混ぜてくださいとあります。
私は混ぜるのを忘れてしまい、蓋を閉めた後パッケージごとふりふりして見ましたが上手に出来ました。

お手軽でお湯を注ぐだけですぐに食べられるのがよいと思いました。
五目の方は椎茸とかこんにゃくとかの食感があり、飽きずに美味しくいただけました。
わかめは若干潮加減が気になりましたが、好みが分かれる所かと思います。

キャンプなどで食事の時間を短くしたい場合なんかに、毎回カップラーメンばかりというより、たまにはこういうのもよいのではないでしょうか。※保存が効く商品なので、キャンプ道具の隙間に常備しておいて、いざという時の為に用意しておくのがいいと思います。
もちろん支度の非常時の食料として保存しておくのもいいと思います。
我が家はどちらも兼用という感じです。キャンプ道具と一緒にいざという時の場合に備えて用意しておいて、キャンプ場や自宅で非常時にも使えるようにしています。

今回食したのは以下の二種類ですが、他にも種類がたくさんありますので、保存食、非常食として用意しておくがいいと思います。




posted by molamola at 16:35| Comment(0) | アウトドアグッズ

2017年01月17日

気になるアイテム(LEDノスタルジアランタン)

発売は去年でしたが、値段も落ち着いて来たので、紹介したいと思います。

それはコールマンのノスタルジアランタンです。

私としても待ちに待った商品といった感じです。LEDとうことで現代風のデザインのランタンはたくさん出ていますが、古き良きランタンのデザインでという物はありませんでした。

同社のツーマントルランタンの290Aと同じサイズで、金属パーツも使われていて、ぱっと見区別がつかないほどです。

288Aのサイズで作ってくれたら最高だったんだけど・・・。

posted by molamola at 02:47| Comment(0) | アウトドアグッズ

2017年01月08日

アウトドアグッズ(キャンプ用一酸化炭素チェッカー)

気になるアイテムということで、ドッペルギャンガーのキャンプ用一酸化炭素チェッカー(CG1-478)なるものが発売されました。
もっと安いセンサーも発売されていますが口コミによると個体差が激しく、すぐにセンサーがなってしまうものやなかなか鳴らないものなどがあるようですが、こちらはセンサーが日本製で信頼性がありそうです。



センサーはあくまで目安であって、テントの中で火を使ったり、エンジンをかけたまま車中泊したりしないようにするのが一番です。

posted by molamola at 18:18| Comment(0) | アウトドアグッズ

2017年01月07日

アウトドアグッズ(コールマン2017)

COCの会員の方は、そろそろ2017年のカタログが届いているころではないでしょうか。

コールマンの2017年カタログの中で私の独断で気になるアイテムを紹介したいと思います。

はじめはウエザーマスターシリーズから
ウェザーマスター(R) 4S T.P.クレスト
※写真探し中

ワンポールテントをベースにしたテントで前後にポールを追加して居住性を確保しています。
前後にポールを追加したことで、ワンポールの設営の簡単短時間がどこまで損なわれているか
それが許容範囲であれば、これはかなり注目アイテムです。

次にLEDランタンからクアッドマルチパネルランタンです。
四つの取り外し式のライトがある商品です。すべて外しても本体にも光源があるので使い勝手が向上しています。
残念なのはバッテリーロックではないようです。



同じLEDでもこちらはバッテリーロックのシリーズのランタン三兄弟です。
2016年のカタログに同じデザインの商品が載っていましたが、名前とカラーを変えて、若干スペックも向上しています。今回カラー展開は2種類です。しかもカラーによってもスペックが若干違うようです。

まずはUSBリチャージャブルランタン


パックアウェイランタン


コンパクトランタン


今回のカタログからCPXシリーズはテントファンのみになっていました。
バッテリーを共有できるように集めていたユーザーは置き去りにされたようで、すこし残念です。

タフドーム2725/タフドーム3025
タフドーム3025去年のカタログから載っているが、タフドーム2725は2017年のカタログから掲載されました。いままで正方形のテントが多かったですが、川の字で寝る場合頭上または足下の余分なスペースが気になっていました。荷物をおく為にある程度あっていいと思うのですが、300×300の場合そのスペースも増大します。今回一辺を250に統一していったことで、余分なスペースを最小限にすることができます。また、コンパクトになる分設営しやすくなり、軽量化にも貢献していると思います。

次はファイヤーディスクという商品、コールマンからもついに焚き火台が発売されました。
これは正確には2016年の秋に発売された物ですが、カタログに載るのは今回はじめてです。
足がたためて薄さの面でコンパクトになりますが、面積があるため、これが実際の使い勝手やパッキング性がどうなるか興味深い所です。



ツーウェイキャプテンチェア、ありそうでなかった高さが2段階に調整できるチェアです。
ローチェアとしても使うことができます。ローチェアのまま畳むこともできる点が特に注目ポイントです。
荷物全体で見た時にこのキャプテンチェアだけ若干長いため、パッキングする際に場所が決められてしまいました。短く収納できることにより、パッキングの柔軟性が格段に上がると思われます。



他にもたくさんの新商品が発表されています。
2017年も楽しいアウトドアライフを!!
タグ:コールマン
posted by molamola at 00:07| Comment(0) | アウトドアグッズ