2019年05月11日

スウェーデンの伝統料理ハッセルバックポテトに挑戦してみました

スウェーデンの伝統料理ハッセルバックポテトを作ってみました。

続きを読む
posted by molamola at 04:37| Comment(0) | アウトドア料理

2017年10月10日

カマンベールのベーコン巻き

カロリーが怖いですがバーベキュー時のお酒のお供最高なので、紹介したいと思います。

用意するものはカマンベールチーズと長いベーコン、時々半分の長さにカットされたものを売っていますが長いままの方が良いです。

作り方はカマンベールチーズにベーコンを巻きつけてアルミホイルに包んでバーベキューに乗せるだけです。
image6.JPG

簡単にお酒のおつまみが出来上がります。

高カロリーなので食べ過ぎ注意ですかね。
posted by molamola at 23:30| Comment(0) | アウトドア料理

カボチャまるごとグラタン

用意するものはかぼちゃ丸ごと一個、たまねぎ、季節のキノコ、ベーコン、ピザ用チーズ、オリーブオイルです。

かぼちゃはそのままだと、包丁を入れにくいので、事前に電子レンジで軽く火を通しておきます。
かぼちゃの上の方1/4ぐらいのところをきって蓋を作っておきます。

たまねぎはみじん切りにして、キノコやベーコンと一緒にオリーブオイルで炒めておきます。

キャンプ場でこれにピザ用チーズをたっぷり乗せてアルミホイルに包みます。
そのままバーベキューの炭のなかに放り込みます。
image3.JPG

二つに割ってみて、チーズが流れてくるとインスタ映えすると思いますが、ちょっといまいちでした。
image4.JPG

ただ味はとても美味しかったです。カボチャを丸ごと利用することで、キャンプでのインパクトがあり、ハロウィンの時期にカボチャの料理はいいのではないでしょうか。
posted by molamola at 11:15| Comment(0) | アウトドア料理

2017年09月10日

アウトドア料理(生ハムチーズ春巻き)

実は正式な名称は不明ですが、作ってみたら美味しかったので紹介したいと思います。

ここでは生ハムチーズ春巻きと命名したいと思います。
image7.JPG

作り方はとっても簡単です。

材料は春巻きの皮、トマト、バジル、生ハム、スライスチーズ。

トマトは薄くスライスしておきます。

あとは、春巻きの皮にトマト、バジル、生ハム、チーズを包んで焼くだけです。
image5.JPG

子供でも作れるので家族で作って晩御飯などに焼いて食べる。というのはいかがでしょうか。
image6.JPG
posted by molamola at 22:54| Comment(0) | アウトドア料理

2017年07月31日

ハムエッグ in トースト

アウトドアで簡単朝食のハムエッグinトーストを作ってみました。

続きを読む
posted by molamola at 22:00| Comment(0) | アウトドア料理

2017年04月30日

アサリの酒蒸しイタリア風

潮干狩りをしてアサリを入手したので、酒蒸しを作ってみました。

普通の酒蒸しではつまらないので、今回はイタリア風の酒蒸しを作ってみたいと思います。

用意するものは
・アサリ
・豚肉
・プチトマト
・ブロッコリーの脇芽
・タマネギ
・オリーブオイル
・ニンニク
・塩
・コショウ
・白ワイン

image2.JPG

タマネギはみじん切りにしておきます。
豚肉は食べやすいように切っておきます。
トマトはプチトマトであればそのままでいいですが、大きなトマトの場合は適当に切っておきましょう。
ブロッコリーの脇芽は軽く茹でておきましょう。

フライパンにオリーブオイルひき、火にかけてニンニクに火を通して行きます。(今回はニンニクチューブを使いました。生ニンニクがあれなそれをスライスした物の方がいいと思います。)
タマネギのみじん切りを入れて、豚肉を投入して塩、コショウします。
プチトマト、アサリを投入ワインをかけて、アサリが開いたら、
あおいものをそえて軽く混ぜたら完成です。今回はブロッコリーの脇芽が家にあったので加えました。
菜の花などがあると、春らしくていいかもしれません。

image3.JPG

ぜひ試してみてください。
posted by molamola at 22:00| Comment(0) | アウトドア料理

2016年07月25日

フランスパンのフレンチトースト

フレンチトーストを作って行きます。元ネタにしたレシピには
フランスパン半分
牛乳:120ml
卵:2個
砂糖:大さじ2
バニラエッセンスを少々

となっていましたが、フランスパンは倍の一本、溶液は3倍作りました。

牛乳:360ml
卵:6個
砂糖:大さじ6
バニラエッセンスを少々
を容器がないので大鍋に入れてかき混ぜます。
牛乳などの軽量はシエラカップを使って計量しました。こういう時にシェラカップがあると便利です。
我が家で使っているシェラカップは米の1合も計ることができます。

そこへ適当な厚さに切ったフランスパンを浸します。ポイントはひたひた浸します。

それをフライパンで焼いていきます。バーベキューの鉄板でもいいでしょう。
image8.JPG

ひたひたにしているので、アウトドアで火加減がいい加減でも、いきなり焦げちゃうことはありません。

image9.JPG

前の晩はから漬け込んでもいいぐらいです。両面に焼き目が着いたら完成です。
バニラエッセンスの香りが効いていてとても美味しくできました。
ぜひ試してみてください。

米の1合まで計れるおすすめのシェラカップ




posted by molamola at 08:57| Comment(0) | アウトドア料理

2016年07月12日

アウトドア料理(焼きマシュマロ)

バーベキューのデザートの定番の一つに焼きマシュマロがあります。

もうやったことがある方はこの記事を飛ばしてもらって構いません。
まだやったことがない場合はぜひ試してください。特に子供がいる場合は盛り上がること間違いなしです。

まず、マシュマロを用意します。
買出しの時のスーパーで普通のマシュマロでもいいですし、巨大マシュマロを用意していってもいいです。

image1.JPG

中にチョコが入ってたりするのは、ヤケドの可能性があるのでちょっと大人向きです。

バーベキューの後半、肉はそろそろと落ち着き始めた頃、用意したマシュマロを串に刺して炭で炙ります。綺麗な網ならいいですがバーベキュー後の網だとマシュマロが黒くなってしまうので、網に触れないように、または、網を外して炙ると良いです。

表面が薄っすら色が付いてきたら、食べごろです。
やり過ぎるとマシュマロに火がつくので注意です。

我が家もやってみるまでは、何が魅力なのかさっぱりわかりませんでしたが、一度やってみると、アッというまにバーベキューの定番になりました。

口に含むと、頭の中にあるマシュマロの味、食感のイメージとは全く別物です。
生クリームにような、とてもクリーミーな食感が病みつきになります。

焼いたマシュマロをクッキーに挟んで食べても美味しいです。

余ったマシュマロは翌朝コーヒーを飲むときに浮かべるのも良いです。
加減にもよりますが、カプチーノの様な風合いになります。


ちと高いけどめちゃデカです。


コスパ的にはこちらがオススメ!
posted by molamola at 01:57| Comment(0) | アウトドア料理