2016年06月21日

アウトドア入門(マナー)

今回はマナーの話です。
といってもキャンプだからこういったことに気をつけようとか、あまりないように思います。

基本的には回りに迷惑をかけない。
これが大前提なので後は、ならどうすればいいかということだけだと思います。

あまり書きすぎると、批判みたいになりかねないで気が引けますが、一応つらつら書くとすると・・・。

人のサイトに入らない。
特に子供ですが、人のサイトを平気で横切っていく子がいます。
サイトの区切りがわかりにくい場合もあり、わかってるけどうっかりというのもあると思います。
ただ、子供への教育という意味でもちゃんと公共の通路を使う等教えてあげてほしいです。

公共の施設はきれいに使う。
炊事場やトイレなど公共のものはきれいに使うのは当たり前のことだと思います。
次の人が気持ちよく使うため、逆に前の人が汚して行ったら自分はどう思うかです。

夜遅くまで騒がない。
車の移動やラジオや音楽もそうだと思います。
逆に夜鳴きなどを気にしてキャンプしないとかは無しです。
確かに気になる場合もありますが、こればかりは仕方がないことです。
夜中中鳥や獣が鳴いているのと同じです。自然のことです。

サイトは来た時よりもキレイにして帰る。

人間は自然に大して謙虚である必要があります。
そのため、周りの人の意見も聞き入れるようにしましょう。
周りの人の意見を聞かずに死亡事故になったニュースとかを時々見ますが、
自然に大して人間は無力ですので、場合によっては撤収することも楽しい思い出
を残すためには大切だと思います。

後はキャンプ場ごとにルールを決めているところがあるので、必ず確認しておきましょう。
おそらく過去にそういったトラブルがあって設けられていると思うので、守るのは大事なことです。
また、これ以上余計なルールを増やさないように、行動することが大事だと思います。
posted by molamola at 18:56| Comment(0) | アウトドア入門

アウトドア入門(楽しみ方)

キャンプ場で設営が完了しました。
さー何をしましょう。

まずはキャンプ場の施設の利用を考えてみましょう
ジャブジャブ池があれば、そこで遊ぶのもいいでしょう、子供遊具があればそれも楽しいと思います。
このあたりは基本的に子供の遊びですね。もちろん大人の安全監視が必要ですが。
キャンプ場内にホタルが見れるところもあります。それをテーマにしたキャンプもいいと思います。

近くにレジャー施設、観光施設がないか、調べておくのもいいでしょう。
設営が終わったら、近くの施設に移動するのもありです。施設で遊んで疲れても家まで帰らなくていいのです。すぐ近くに宿泊できるのですから。
我が家はちょっと遠めの施設(水族館とか動物園とか)に行く時に家から一気に行くと大変なので、途中のキャンプ場を予約しておいて、帰りはそこを経由していくことがあります。
キャンプ場でゆっくり休んで、翌日元気になって帰宅することができます。
キャンプ場内にあればいいですが、近くの釣堀に晩御飯を調達に行くのもいいと思います。
魚をさばいているところをぜひ子供に見せてあげてください。いい食育になります。

普段遊ばない道具を持っていくのはどうでしょう。
バトミントンやフリスビー、グローブなどです。
普段こういった遊びってなかなかしないと思いますが、こういった場だと自然にできるものです。
親子や夫婦、カップルのスキンシップにとてもいいと思います。
我が家もバトミントンとフリスビー(ウレタンのやわらかいやつ)は常に車に積んでいます。
キャンプ場でちょっとした時間に親子でバトミントンしたりしています。

普段やらない料理に挑戦してみるのもいいと思います。
燻製やアイス作り、我が家はジャーキーを作ったこともありました。
もちろん普通の料理でもいいのです。親子でカレーを作るとかは定番ですが子供の経験としてもとてもいいことだと思います。

特に夫婦のみカップルのみの場合、何もしないを楽しむと言うのもあります。
ソロやある程度子供が大きくなったファミリーも可能だと思います。
ハンモックを張って、木々の緑や空の青を見ながら、川の音を聞きながらボーとする時間をすごすというのもいいと思います。
個人的にはこれが一番したいのですが、子供がいるのでなかなかかなわず・・・。

それ以外だと
花火:最近花火禁止や場所が限られている場合があるので注意してください。また近所のサイトには十分注意してください。火花が飛んでテントに穴が開いてトラブルになったなんて良く聞く話です。
スイカ割り:夏は子供も大人も盛り上がります。目隠しの手ぬぐいと棒があればできるので、簡単に実施できていいと思います。
バームクーヘン作り:一時期はやりましたが、我が家でもいつかやってみたいイベントのひとつです。

いろいろ書きましたが、まだまだいろいろ楽しみはあると思います。このブログでもちょいちょい記事にして行きたいと思いますが、皆さんもいろいろ試してみてください。
posted by molamola at 18:33| Comment(0) | アウトドア入門

2016年04月09日

アウトドア入門(テントの設営)

テントの設営のお話です。

テントにも色々な種類があり、設営方法は微妙に違います。
そのためここでは、基本的な部分の紹介にとどめます。

こ記事を読んだ後、自分のテントの説明書を見たときにすんなり理解できる状態を目指したいと思います。

キャンプサイトの設営でテントの場所を決めたら、はじめにグランドシートがある場合はグランドシートを広げます。

次にその上にテントの(本体)インナーテントを広げていきます。方角があるので気をつけてください。
通常テントは本体とフライシートに分かれています。テント内と外気の間に空間を作ることによって、結露を防ぐためと、最近ではそこに空気の流れを起こして、テントの中を温まりにくくするベンチレーション機能があったりします。

インナーテントには通常筒状のポールを通すところがあります。
そこにポールを通していくのですが、ポールの通しが複雑な場合はポールの色と筒状の場所に色
がついていて、どの場所にどのポールを通せばいいかがわかるようになっています。

一番単純なパターンは、ポールを二本クロスに使用してドーム型のテントにするパターンです。
ほとんどのテントはこのクロスポールが基本にあって、そこにオプションとして前室にもう一本追加してあったり、テントの強度を増すためにクロスポールが一本のクロスではなくて何本かのクロスになっていたりします。もちろんポールの本数が多いほど、風などに強くなりますが、その分重くなり、高価になり、設営が複雑になります。そのため各社そのバランスを考えていろいろな商品を開発しています。

ポールが組み立てられたら、筒状のところに通していないポールがむき出しの部分にいくつか
ポールに引っ掛けるパーツがついている場合があります。それをパチンとポールに引っ掛けます。

最後にフライシートを上からかぶせます。前室がある場合など、方向がある場合があるので注意します。
とりあえず被せてから回して調整するでも大丈夫だと思います。

インナーテントが吊り下げ式になっているものがあります。
これは、フライシートを先に設営してその中にインナーテントをぶら下げるように設置していきます。
この場合は筒状の通す場所はありません。その代わりにインナーテントがぶら下げられるように
ひも状のものやベルクロ的なものがインナーの上部についています。それを、ポールなどに引っ掛けてインナーテントを設置します。

リビング(スクリーンタープ)と一体型になっている場合やティピータイプ(三角形のテント)によく見られます。これは、普段はリビングとしても使えるし、夜寝るときだけ一部テントとして使用することも可能です。

ぜひ、自分でお持ちのテントがスムーズに設営できるようがんばってください。
posted by molamola at 02:58| Comment(0) | アウトドア入門