2017年11月28日

アウトドアグッズ(食器洗い洗剤)2

食器洗い用の洗剤は何を使っていますか?
最近のキャンプ場は備付けのものがある場所も増えてきているようですが、我が家は一応食器洗い洗剤を持ち歩くようにしています。
それは自然に優しいこということで、超定番ヤシノミ洗剤です。

それを昔ヤフオクで落としたランタン型のケースに入れています。
それをスポンジとジップロックに入れて持ち歩いています。
image5.jpeg

今まで食器洗い洗剤とスポンジをジップロックに入れて運んでいましたが、一つ気になっていたことがあります。
それは湿気です。一緒に運ぶ他のものが濡れないための対処ですが、逆に洗剤とスポンジは常に湿気った状態になります。
そのため友人は小さなカゴに食器洗いの道具一式を入れていました。とても便利だと思うのですが、洗剤とスポンジだけであれば、カゴが大きいため運搬時にかさばるのではないかと懸念していました。
そこで100均でこんなのを見つけました。洗剤とスポンジ、ギリギリの大きさのカゴです。
image6.jpeg

これならかさばらずに運べるのではないでしょうか。
ただ、常に乾燥させておくことができますが、やっぱり濡れたものを運ぶことになるので、そこは何か考えてなければならなそうです。

あれ?話が最初に戻った?
posted by molamola at 01:50| Comment(0) | アウトドアアイディア

2017年11月27日

アウトドアアイディア(卵パック)

セリアで有名なこのケースです。他のインスタやブログでよく登場するケースです。
image10.jpeg

紙製の卵パックを切って、はめるだけであらぴったり!!
image11.jpeg

もちろん卵をのせてもぴったり蓋が閉まります。
image12.jpeg

切って加工してしまっているので、シンデレラフィットとは言わないかもしれませんが、簡単作れて、卵が割れる心配がなくなるのでとても便利だと思います。

みなさんもぜひ試してみてください。
posted by molamola at 23:38| Comment(0) | アウトドアアイディア

2017年09月29日

ハンギングチェーンを自作する

ハンギングチェーンを自作することにしました。

コールマンのハンギングチェーンはもっているのですが、これだとヘキサタープの中にはわしてランタンをぶら下げたりするには短いので、なんとかしたいなと思ったのがきっかけです。

そうすると5m級の長いハンギングチェーンを作成する必要があります。

まずは100均に出かけました。

2.5cm幅で1.5mのトリコカラーのベルトを見つけたので五本買いました。というか5本しかなかったので全部買いました。あと金属製のD環がたくさん入って100円だったので合わせて購入。本当は軽量なプラスチック製が良かったのですが仕方ないです。
image4.JPG

今回5本購入しましたが、これでは3mちょいしか作れません。しかも一本が1.5mしかないので途中で継ぐ必要があります。切れ目のないものを作りたい場合は少々コストが上がりますが、手芸屋さんなどで入手する必要ががあります。
image7.JPG

長さは諦めて、早速作成していきます。
まずが基本的な構造ですが直線のベルトに別のベルトをナミ状に縫い付けてそこに色々なものをぶら下げられるようにします。
image5.JPG

image6.JPG

そのための用意したベルトの半分程度の長さしか作れません。ベルトの両端は何かに引っ掛けられるように輪っかにしたりします。引っ掛けた後D環などを使って折り返してナミナミに引っ掛ける事で長さの調整も可能です。

今回はベルクロ(マジックテープ)で輪っかができるようにしようと思います。本当なら強度を出すためにベルクロも強力タイプがいいのですが家にあったものを使うので、ちょっと不安ですが、ダメなら縫い付けちゃいましょう。

大体の長さ調整はD環を使ってナミナミの方に引っ掛ける事で可能ですが、微調整はなかなか難しいです。そこで、D環かんを二つ利用して長さ調節できる仕組みを付けます。市販のものはここにバックルを利用して切り離せるようになっていたりしますが、切り離せる必要はないので、D環のみで作ります。
image8.JPG

image9.JPG

構造がきまれば後はひたすら縫っていくだけです。ナミナミは少しづつずらして縫っていきます。ひたすら地道な作業が続きます。
最終的には直線の方は1回、ナミナミの方は2回継ぐことになりました。
image10.JPG

構造は単純なので、誰でも簡単に作ることができると思いますが、同じ作業を永遠に行わなければならず、相当な根気と根性が必要です。
何度も挫折しそうになりました。これでもヘキサタープの中に吊るすには長さ的に半分です。同じものをもう一個作る必要があります。
posted by molamola at 21:40| Comment(0) | アウトドアアイディア